介護に必要な情報~支援で作業効率あっぷっぷ~

取り組み

介護給付費の請求方法

伝送とは本来データを送信することですが、最近は介護保険の介護給付費の請求の際に使用される伝送ソフトが注目されています。介護保険制度では、各介護事業の収入の1割を利用者本人へ、残りの9割を国保連へ請求します。そのため収入の大部分を占める国保連への請求は、毎月10日までに正確に行う必要があります。請求は紙媒体での提出が認められている自治体もありますが、現在は磁気テープなどの磁気媒体での提出、また伝送という方法があります。しかし、個人情報漏洩の問題や簡便さを考慮し、伝送による請求が一般的と考えられ、ほとんどの事業所で行われています。そこで必要とされるのが、介護給付費を請求するデータを送信するソフトです。

伝送ソフトの導入は慎重に

超高齢化社会に向かっている現在、介護関連事業所の数もドンドン増え続けています。そんな介護関連事業所の収入源である介護給付費を請求するためになくてはならない伝送ソフトも、今では数多くの種類が用意されています。介護給付費のデータを作成する介護ソフトとセットになっている伝送ソフトや伝送専用のソフトがあります。伝送専用ソフトも、ISDN回線を使用するもの、ASPソフトでISDN回線が必要ないものとがあります。種類によって、導入の際の初期費用、また月々の使用料も違ってきます。それぞれに特徴があり、使い勝手も違います。事業所の運営に重要な伝送ソフトは、費用や使用法などをよく調べ、慎重に選ぶ必要があります。各事業所、伝送ソフトを採用する際には、

↑SITE TOP