機能性とデザイン | 介護に必要な情報~支援で作業効率あっぷっぷ~

介護に必要な情報~支援で作業効率あっぷっぷ~

機能性とデザイン

介護用エプロンの価格帯

介護用エプロンは、デザインだけでなく機能性が重要です。忙しい現場では、着脱が簡単で、ポケットも大きいものが便利です。また、肩ひもがずれにくい、かがんでも背中が見えないなど、動きやすいデザインが大切です。また、撥水加工があり、素材も濡れたり、洗濯しても乾きやすいポリエステルなどの素材が適しています。機能性やデザイン性も備えた介護用エプロンが、多数販売されています。価格帯も2、3千円のものからあり、カラーバリエーションも豊富です。有料で、刺繍やプリントも可能なので、オリジナルの介護用エプロンを作ることもできます。また入浴介護用エプロンは6?7千円くらいになりますが、抗菌、防臭、防水と機能性に優れています。

デザインや形の豊富さと購入方法

商品によっては、サンプルを貸し出ししてくれるところもあります。実際に介護用エプロンを見てから注文できるので、大量に注文する際などに利用すると安心です。介護用エプロンは無地のイメージが強いですが、ブランドによってはプラワープリントの様な明るいデザインのものもあります。エプロンタイプで袖のないものと、長袖のものがあり、長さもショート丈のものや膝丈のものと、形にも様々なバリエーションがあります。介護用エプロンはユニフォームを販売している店舗や、介護服の専門店で入手することができます。どちらもインターネットで通販サイトがありますが、取り扱いアイテムやデザインの豊富さ、価格帯などに幅があります。機能性やデザインなど、希望に応じて、最適なものを選びましょう。

↑SITE TOP