作業を軽減させる | 介護に必要な情報~支援で作業効率あっぷっぷ~

介護に必要な情報~支援で作業効率あっぷっぷ~

作業を軽減させる

国保中央会介護伝送ソフトを導入する方法

国保中央会介護伝送ソフトを老人ホームなどの老人福祉施設に導入すると、老人福祉施設の事務負担が大きく軽減されます。平成27年4月の制度改正に対応した最新のバージョンの価格は29000円になっています。この金額には消費税と送料が含まれています。 国保中央会介護伝送ソフトを購入する方法は、国民健康保険中央会のホームページから申し込み手続きをすることができます。申し込み手続きを済ませるとソフトが郵送で届きますので、代引で29000円を支払うと購入手続きは終了です。 操作方法で不明な点がある場合には、ヘルプデスクに問い合わせると操作方法を教えてもらえます。マニュアル等は、国民健康保険中央会のホームページからダウンロードすることができます。

国保中央会の介護伝送ソフトの導入を一番望んでいる人たちとその理由

国保中央会介護伝送ソフトの導入を一番望んでいる人は、老人福祉施設で事務処理を行っている職員の人たちです。国保中央会介護伝送ソフトを導入すると、パソコンを使って簡単に介護報酬の請求業務をすることができます。 介護報酬の計算を紙と電卓で行うことはとても面倒ですし、計算ミスをする恐れがあります。国保中央会介護伝送ソフトを導入すると、フォームに数値を入力するだけで、コンピュータが自動計算をしてくれ、請求書を発行することができます。 国保中央会介護伝送ソフトを導入すると、請求書の伝送もインターネットで行うことができます。わざわざ郵送する必要はなくなりますので、郵送代を大幅に安くすることができ、経費削減に大きく貢献します。

↑SITE TOP